一関・平泉

元気に育って帰ってきてね 一関でサケの稚魚放流

大きく成長して帰ってくることを願い、サケの稚魚を川に放つ参加者=16日、一関市狐禅寺

 16日の県南地方は、高気圧に覆われた影響で晴れや曇りの所が多く、最高気温は一関と江刺で11・7度、花巻が11・2度、北上は10・6度(いずれも盛岡地方気象台調べ)と暖かな一日となった。

 一関市狐禅寺の滝沢川では、地元のKMY(狐禅寺・みんなして・やっぺし)プロジェクト実行委員会によるサケの稚魚放流が行われた。

 環境保全意識の高揚と地域への愛着の醸成を狙いとし、未就学児と小学生合わせて約40人と保護者が参加した。

 稚魚は、狐禅寺市民センターで卵からふ化させ飼育した約300匹と、市内の砂鉄川鮭鱒(さけます)増殖協会から提供された約5000匹で、体長はいずれも7~8センチほど。

 子どもたちはバケツに入った稚魚を順番に川に放ち、水の中を生き生きと泳ぐ姿を夢中になって眺めていた。

 千葉春馨さん(9)=市立一関小3年=は「元気に川の中を泳いでいた。大きく成長して戻ってきてほしい」と語り、主管したリバースクール狐禅寺部会の沖昭則部会長は「子どもたちにはきょうのことを大切な思い出として覚えていてもらいたい。活動が滝沢川の保全にもつながってほしい」と願っていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年4月14日付
一関・平泉
2024年4月14日付
一関・平泉
2024年4月14日付
一関・平泉
2024年4月14日付