一関・平泉

町外から平泉応援 情報発信の担い手に ふるさと住民制度創設

平泉町が発行する「ふるさと住民票カード」。登録者は町の情報提供や特典を受けることができる

 平泉町は、町にゆかりがある人や町を応援したいと思っている町外在住者とつながりを深め、交流や移住・定住の促進により地域を活性化することを狙いとしたふるさと住民制度を創設した。申請者には登録されたことを証明する「ふるさと住民票カード」が発行されるほか、広報紙の送付をはじめ町の情報提供や特典が受けられる。

 対象となるのは▽同町出身▽家族または親戚が町内在住または住んでいた▽町ふるさと応援寄付条例に規定するふるさと応援寄附を行った▽町内に固定資産がある▽町に通勤、通学またはしていた▽町出身者で構成するふるさと会などの団体に所属している▽町内で起業および町内企業への就職を促進するため、町が行う事業を修了した―のいずれかに該当する人で、年齢や性別、国籍は問わない。

 登録希望者は、所定の申請書類に必要事項を記入し、メールまたは郵送で提出。審査により町ふるさと住民登録台帳に登録後、完了通知書とカードが届く。登録期間は無期限で費用無料。申請書は町ホームページからダウンロードできる。

 ふるさと住民票カードは表面に束稲山と特産品のリンゴをイメージしたキャラクターがデザインされた。

 担当する町まちづくり推進課では「ふるさと住民となられた方々には情報発信の担い手となることはもとより、まちづくりへの意見や提言をいただくことで、町の発展に寄与してもらうことも期待している。情報発信や特典の内容については、今後も追加していきたい」としている。

 問い合わせは同課=0191(46)5578=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年5月22日付
一関・平泉
2024年5月22日付
一関・平泉
2024年5月22日付
一関・平泉
2024年5月22日付