県内外

高橋和(北上出身)五輪へ 競歩混合リレー

 日本陸連は26日、パリ五輪の競歩代表を発表し、新種目の混合リレー代表に、北上市出身の高橋和生選手(27)=ADワークスグループ、花巻北高―早大=が選出された。五輪は初代表となる。

 今月21日にトルコで行われたパリ五輪予選を兼ねた世界チーム選手権で、高橋は渕瀬真寿美(建装工業)と組んで17位だったが、日本は五輪出場枠を二つ獲得していた。

 高橋は奥州市立水沢中学校卒で、花巻北高で競歩を始めた。3年時の全国高校総合体育大会(南関東インターハイ)の男子5000メートルで3位に入ったほか、大学では4年時の日本学生個人選手権1万メートルで優勝。代表としては2022年の世界競歩チーム選手権に出場し、団体4位と活躍した。

 パリ五輪出場を懸けた今年2月の日本選手権男子20キロは5位だったが、今回混合リレーでの選出となった。

 本県関係の競歩での五輪出場は、リオデジャネイロ、東京と2大会連続で出場した花巻市出身の髙橋英輝選手(富士通、花巻北高―岩手大)に続き2人目。

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年5月19日付
県内外
2024年5月19日付
県内外
2024年5月19日付
県内外
2024年5月19日付