奥州・金ケ崎

春真っ盛り 庭鮮やかに 千葉初江さん方公開 奥州・衣川

5月2日まで自宅庭を公開している千葉さん

 県南地方の園芸愛好家でつくる「オープンガーデンおうしゅう」の会に所属する奥州市衣川寺袋の千葉初江さんは、5月2日まで自宅庭を公開している。どの花も例年よりも早く咲き始めたため、チューリップやモクレンは見頃を過ぎたものの、ヤエザクラやハナモモなどが春本番の庭を鮮やかに彩っている。

 千葉さんは、自宅前に広がる約90平方メートルの庭の手入れを続けている。真冬のうちに公開日程を決めてガイドブックに掲載するため、見込んでいたチューリップなどは盛りを過ぎたが、回遊式の庭のあちこちにスミレやサクラソウ、プリムラ、ボタン、シャクナゲ、ユキヤナギなどが咲いている。

 「青いプルモナリアを皆さんに見てほしかった。見頃は過ぎたが、まだ咲いている」と千葉さん。プルモナリアは小さな株から育てて増やしたといい、目の覚めるような青い花がうつむきがちに咲き、訪問者を迎えている。

 千葉さんの庭は、期間中なら自由に見学できる。公開時間は午前10時~午後5時。また、6月1~15日もバラなどの開花を見込んで公開が予定されている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年5月20日付
奥州・金ケ崎
2024年5月20日付
奥州・金ケ崎
2024年5月20日付
奥州・金ケ崎
2024年5月19日付