県内外
2024年5月5日付
40年に熱中症搬送倍増も 名工大など予測 温暖化と高齢化要因

 東京、大阪、愛知の3都府県では2040年、熱中症の救急搬送者数が13~19年平均と比較して倍増するとの予測を、名古屋工業大の平田晃正教授(医用工学)らの共同研究グループがまと…

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年5月22日付
県内外
2024年5月22日付
県内外
2024年5月22日付
県内外
2024年5月22日付