県内外
2024年5月25日付
血液検査で認知症予測 東大など 早期治療へ展望

 アルツハイマー病の原因とされるタンパク質の血中濃度を測定し、発症前に脳内での蓄積状況を高精度で推定する手法を東京大などの研究グループが開発した。日本人を対象とした大規模な実証…

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年6月14日付
県内外
2024年6月14日付
県内外
2024年6月14日付
県内外
2024年6月14日付