奥州・金ケ崎

白米千枚田 復興願う 冊子の売上金寄付 石川・輪島市へ 衣川地区振興会【奥州】

「米づくり80・8たび」の売上金の寄付を決めた(左から)菅原さん、小野寺さん、髙橋会長、佐々木さん

 奥州市の衣川地区振興会(髙橋厚会長)は、昔の稲作の88工程をまとめた冊子「米づくり80・8(はちじゅう・や)たび」の売上金を、能登半島地震で被災した石川県輪島市に贈る。冊子の著者ら3人の意向で、同市の棚田「白米千枚田」の復興に役立てる。

 冊子は、いずれも奥州市衣川在住で、昔の農作業の様子や農村行事などを研究している小野寺精一さん(85)が、地元で博学で知られる菅原峯治さん(95)、旧衣川村長の佐々木秀康さん(88)の協力を得て、すべて手書きでまとめた。

momottoメモ

同振興会では印刷や製本などの経費を除いた売上金20万円を、白米千枚田の継承に取り組む輪島市の保存団体に贈る。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年6月16日付
奥州・金ケ崎
2024年6月16日付
奥州・金ケ崎
2024年6月16日付
奥州・金ケ崎
2024年6月16日付