県内外
2024年6月5日付
魚の干物 主役は外国産 円安でも量、質に安定感

 日本の伝統食とも言える魚の干物に、外国産の原料が浸透している。製造は国内各地の水産加工業者だが、低調な水揚げなどで地元の魚を確保できないことが多く、原料を外国産に頼る傾向が強…

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年6月19日付
県内外
2024年6月19日付
県内外
2024年6月19日付
県内外
2024年6月19日付