いわて百景

62.勝源院の逆ガシワ

 カシワは本来、真っすぐ上に伸びる性質を持つが、紫波町日詰の勝源院本堂裏にある「逆(さかさ)ガシワ」は、地上すぐの所で四つに分かれた幹が、地をはうように横に伸びる奇木だ。幹や枝がまるで根のように見えることからその名が付いた。1929年に国の天然記念物に指定。樹齢は推定300年以上とされるが、深緑の季節には今でも大きな柏葉(かしわば)を広げる。【地図

momottoメモ

【いわて百景】

第61景「めがね橋(宮守川橋梁)」


◇「勝源院の逆ガシワ」の記事掲載紙面はこちら