県内外

自慢の味 来月店頭へ 台風10号被災岩泉ヨーグルト きょう製造再開【岩手】

10月上旬の岩泉ヨーグルトの販売再開を喜ぶ山下社長

 2016年8月の台風10号で工場が被災した岩泉町の岩泉乳業は、26日に新工場を本格稼働させ、人気商品「岩泉ヨーグルト」の製造を再開する。10月上旬には県内の量販店を中心に販売を始める予定で、山下欽也代表取締役社長は「早期再開という目標を実現でき、社員のやる気も十分。元の味以上のものをファンの皆さんに届けるつもりで取り組んでいく」と意気込んでいる。

 同社は台風10号による豪雨で、本社工場と第2、第3工場の全てが浸水。ヨーグルトの生産設備のほか、生乳のろ過や冷却を行う機能を失った。

 岩泉ヨーグルトはもっちりとした食感が特徴で、モンドセレクションの国際最高品質賞を受けるなど高い評価を得ている。被災後は全国各地から販売再開を願う声が寄せられていた。

 同社では県や国の補助金を受け、二つの工場を一つに集約する新築工事と本社工場の一部改修を1月に開始。先週末に新築工事が完了し、試作品の製造も進めている。本社工場も11月中に復旧するめどが立ち、ヨーグルトの製造量も被災前とほぼ同じ規模の1日約12トンとなる見通し。

 待望の販売開始が迫った25日、山下社長と伊達勝身町長が県庁に達増拓也知事を表敬し、「13カ月で早期再開できたのは奇跡に近い。県の支援に改めて感謝したい」とあいさつ。ヨーグルトを試食した達増知事は「消費者も待ち望んでいた懐かしい味。本当に復活して良かった」と喜んだ。

 30日には同町で「岩泉ヨーグルト工場まつり」を開き、来場者に商品を特別販売する。山下社長は「多くの人に心配をかけたが、一生懸命応援していただきありがたかった。自慢のヨーグルトを味わってもらうことで、復興に向かって頑張っている人たちに元気になってもらえれば」と話していた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月25日付
県内外
2021年6月25日付
県内外
2021年6月25日付
県内外
2021年6月25日付