県内外

黄金郷で「国盗り」 スマホ位置情報ゲーム 世界遺産連携推進実行委監修 コースに3市町9地点【岩手】

位置情報ゲームを使った一関、奥州、平泉3市町の全9スポットを巡るスタンプラリーをPRするポスター

 地図情報を扱うマピオンが運営する位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」内のスタンプラリーコンテンツに、世界遺産連携推進実行委員会が監修したコース「奥州藤原黄金郷」が登場した。一関、奥州、平泉3市町にある九つのスポットを実際に訪れスタンプを集める企画で、エリア内の観光や滞在を促進し、地域の魅力を再発見する試み。同実行委では「スマホを持ってぜひ歩いてみてほしい」としている。

 ケータイ国盗り合戦は、ユーザーが600に区切られた全国のエリアを実際に訪れ、その場所の位置情報を取得し、全国制覇を目指すゲーム。

 「奥州藤原黄金郷」は各エリアの代表する観光スポットを巡る期間限定のスタンプラリーコンテンツの一つで、2市1町と県南広域振興局、観光商工団体で組織する同実行委がコースを監修した。

 同実行委によると、約200万人のユーザーがいるとされ、新たな客層を呼び込むきっかけにしようとゲームを活用。エリア内の周遊促進を図るため、ぜひ訪れてほしい場所をスポットとして3市町ごとに3カ所セレクトした。

 一関市ではスポットに名勝天然記念物厳美渓に隣接する「道の駅厳美渓」、日本百景の一つ猊鼻(げいび)渓に隣接する「げいびレストハウス」、国登録有形文化財・旧横屋佐藤家住宅を活用した「千厩酒のくら交流施設」を設定。

 奥州市は奥州藤原氏時代の平安建築群を再現した「歴史公園えさし藤原の郷」、曹洞宗の古刹(こさつ)で日本一の茅葺(かやぶ)屋根建築として知られる「正法寺」、宇宙や科学全般が学べる「奥州宇宙遊学館」、平泉町は世界遺産平泉を構成する「中尊寺」と「毛越寺」、今春オープンした「道の駅平泉」を選んだ。

 巡る順序は不同だが、1日で回り切るのは難しく、同実行委事務局では「数日かけてゆっくりと巡るのがお薦め。近くに住む人なら少しずつ足を運べば攻略は難しくない」としている。

 期間は10月31日まで。コース内の全スポットを訪れた達成者は、ゲーム内で使える特典がもらえる。問い合わせは、町観光商工課内同実行委事務局=0191(46)5572=へ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2017年11月18日付
県内外
2017年11月18日付
県内外
2017年11月18日付
県内外
2017年11月18日付
県内外
2017年11月18日付