奥州・金ケ崎

カバーの色にスポット 江刺図書館で企画展 18日まで【奥州】

小説などの本をカバーの色別で展示し、読書への関心を誘っている江刺図書館の企画展

 江刺図書館は、企画展「本カバーの色にスポットをあてました」を奥州市江刺区大通りの同館で開催している。小説や児童向けの物語など所蔵本から約90冊を赤、青、黄、緑など本のカバーの色別に紹介。視覚面から来館者への新たな本との出合いにつなげている。18日まで。

 「青」が付いたタイトル名そのままの青色や、「火」に関する題名から連想させる赤色など作品イメージと合致したものの一方、カラフルな七色が目を引く「メロウ」(田口賢司著、新潮社)など読み手に作品への想像力をかき立てさせるようなデザインもある。

 同館によると、「それぞれの色のカバーを集めてみたら、どんな感じになるか」という視点から始まった企画。「きれいな色から作品に興味を持ち、本を手に取ってもらえれば」と呼び掛ける。

 開館時間は午前9時30分から午後7時まで。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年11月15日付
奥州・金ケ崎
2018年11月15日付
奥州・金ケ崎
2018年11月15日付
奥州・金ケ崎
2018年11月15日付
奥州・金ケ崎
2018年11月15日付