一関・平泉

理美容師国家試験 3年連続全員合格 東北ヘアーモード学院卒業生 高い意識で切磋琢磨【一関】

理容師と美容師の国家試験に全員合格を果たした東北ヘアーモード学院の2017年度卒業生

 一関市旭町の東北ヘアーモード学院(鈴木正壽学院長)の2017年度卒業生19人全員が、理容師国家試験と美容師国家試験に合格した。両方の試験に全員が合格したのは3年連続で、東北地方の理美容学校21校の中では唯一。卒業生は既に就職してプロとしての道を歩み始めており、同学院関係者は優秀な人材となるよう期待している。

 3年連続で理美容の両学生が合格したのは、同学院創立68年の歴史の中で初めて。

 理美容学校では、厚生労働省が定めた2010時間の教育内容を2年間かけて学習する。このうち試験に出る関係法規・制度、衛生管理などの内容を履行する必修科目は1410時間で、600時間は選択科目。各学校で選択した内容を修了し、免許取得に必要な実技部門と筆記部門の2課程を学ぶ。

 同学院ではビジネスマナーや学生相互に取り組む女性用メークアップなどを選択科目に盛り込んでいる。校内のエステティックルームで学生たちがペアとなり、ハンドマッサージや脚部を脱毛する訓練に取り組むなど、即戦力となれるような教育を実践。「お客さまだけでなく、ドレスアップする自らもまた美しくあるように」と学生が高い意識を持つよう指導に力を入れている。

 クラス担任の山口真紀さんによると、16年度と同様に17年度も、通常の授業に加えて自主的に学習する学生が多くみられたという。

 市内に就職した美容師の宮崎麻衣さん(20)は「クラスメートという競う相手がいたから上達につながった。国家試験に全員で合格できたことが何よりもうれしい」と喜ぶ。

 山口さんは「クラスメートと切磋琢磨(せっさたくま)したことが合格につながったと思う。誰にも負けない人材だということを忘れないでほしい」と卒業生の活躍を願った。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年4月21日付
一関・平泉
2018年4月21日付
一関・平泉
2018年4月21日付
一関・平泉
2018年4月21日付
一関・平泉
2018年4月21日付