県内外

大谷 4番で1安打

ツインズ戦の5回、安打を放つエンゼルスの大谷=11日、アナハイム(時事)

 【アナハイム時事】米大リーグは11日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高出)はツインズ戦に今季2度目の4番指名打者で臨み、4打数1安打、1三振だった。チームは4-5で逆転負けした。

 ドジャースの前田はレッズ戦に先発し、4回3分の2を投げて1本塁打を含む9安打5失点で3敗目(2勝)。チームは2-6で敗れた。

 マーリンズの田沢はブレーブス戦の六回に登板して1回無失点。チームは6-3で勝ち、連敗を4で止めた。

大谷、巧みな流し打ち

 2度目の4番に座ったエンゼルスの大谷が、巧みな流し打ちを見せた。2点リードの五回2死一、二塁。外角低めの速球に力みのないスイングでバットを合わせ、左前へはじき返した。

 打球が左翼手の正面に飛んだため適時打にならなかったが、「つなぐことはできたので、それなりの仕事はできたかと思う」。続くシモンズが押し出し四球を選び、追加点が入った。

 しかし、2点リードで迎えた九回に救援陣が3点を奪われて逆転負け。接戦を落としただけに、大谷は「それ以外の打席で出塁したり、得点圏に走者を進めたりするチャンスはあった」と反省の弁も口にした。

大谷にトロフィー

 エンゼルスの大谷が「4月のア・リーグ月間最優秀新人」の表彰を受けた。球場の大型ビジョンに投打で活躍する場面が映し出され、ファンの盛大な拍手と歓声を浴びながらグラウンドに登場。ソーシア監督からトロフィーを手渡された大谷は「すごく光栄だった。もっともっとたくさん頂けるように、それくらいの活躍ができるように、チームに貢献したい」と語った。

 4月は投手で2勝を挙げ、打者では3月も含めて44打数15安打で打率3割4分1厘、4本塁打、12打点と活躍した。過去にイチローやダルビッシュも月間最優秀新人に選ばれており、大谷は日本選手で6人目の受賞だった。

▲4月のア・リーグ月間最優秀新人の表彰式で、オーナーのモレノ氏(右)とソーシア監督(左)に祝福されるエンゼルスの大谷=11日、アナハイム(時事)

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年7月22日付
県内外
2018年7月22日付
県内外
2018年7月22日付
県内外
2018年7月22日付
県内外
2018年7月22日付