県内外

ツツガムシ発病 二戸市で 今年県内初【岩手】

 県医療政策室は15日、二戸市の40代女性がツツガムシ病を発病したと発表した。県内では今年初の届け出。女性は現在回復傾向にあるという。

 同室によると、女性は4月中旬から下旬に自宅付近の庭か畑で感染したとみられる。右大腿(だいたい)部に刺し口があり、ツツガムシ病特有の発熱や発疹の症状があったという。

 県内のツツガムシ病の発生は5~6月を中心に毎年数人から10人程度の報告がある。2007年から17年までに60例の患者が報告され、うち4人が亡くなっている。同室は疑わしい症状が出た場合は早めに医療機関を受診することや、ツツガムシがいそうな場所に立ち入る際は長袖、長ズボン、長靴、手袋など肌の露出の少ない服装をすることなどを呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年5月21日付
県内外
2018年5月21日付
県内外
2018年5月21日付
県内外
2018年5月21日付
県内外
2018年5月21日付