奥州・金ケ崎

アスパラ大好き 農業まつり・収穫祭“合体” 旬の味覚に長蛇の列【金ケ崎】

金ケ崎町産の新鮮なアスパラガスの販売などが行われた「農業まつり・アスパラ収穫祭」

 「金ケ崎町農業まつり・アスパラ収穫祭」は26日、町役場前駐車場で開かれた。町農畜産物の魅力発信の機会として、別時期に行っていた2行事を合同化。旬のアスパラガスをはじめ地場産品の販売、試食とともに園児のダンスや競り体験、牛乳早飲み大会など多彩な催しで来場者を楽しませた。

 町やJA岩手ふるさとなどによる実行委員会が主催し、永岡清流太鼓の演奏、「アスパラダイス宣言」が行われた開会行事に続き、販売を開始。同JAのコーナーではアスパラガス1トン分を用意し、1人10束までの限定ながら1束150円のお得な価格で提供された。

 5月の天候の影響で品薄傾向が続いていることもあり、新鮮な地場産品を求め開会前から長蛇の列ができる盛況ぶりで、来場者が次々と買い求めた。町内から訪れ、販売開始の2時間前から並んだ伊藤智子さん(70)は「毎年楽しみ。豚の三枚肉で肉巻きのフライに調理してから冷凍し、おかずや家族の弁当などに使って食べている」と語っていた。

 会場では、炭火で焼いたアスパラガスが限定1000本分無料で振る舞われ、来場者が熱々の旬の味を堪能。北上市から家族らと来訪した藤根恭輔さん(29)は「甘くておいしい」と話し、アスパラガスが好きという長男の咲人ちゃん(3)も夢中で頬張り、笑顔を見せた。

 産直施設や農家組織などによる農畜産物・加工品の販売、アスパラガスを使った焼きそばや天ぷら、アイスなどのメニューも好評。町立永岡幼稚園の園児15人らによる「アスパラパラパラパラダイスダンス」、町アスパラガスPR大使の奥野ひかるさんのライブ&トークショー、金ケ崎スポーツクラブのチアダンスなども繰り広げられた。

 地場農畜産物にちなんだイベントも行われ、東京シティ青果の協力によるアスパラガスの競り体験では、落札を目指す子供たちの元気な声が響いた。小学生以下、親子の2部門を設けた牛乳早飲み大会ではコメやアスパラガスの豪華賞品獲得へ、ストローでの早飲みに挑む出場者の奮戦が会場を沸かせていた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年6月23日付
奥州・金ケ崎
2018年6月23日付
奥州・金ケ崎
2018年6月23日付
奥州・金ケ崎
2018年6月23日付
奥州・金ケ崎
2018年6月23日付