北上・西和賀

黄色、日差しにまぶしく 北上市二子町のヒマワリ畑

照り付ける日差しを反射し一層暑さを感じさせるヒマワリ=北上市二子町

 連日厳しい暑さが続く中、26日も県内では多数の観測地点で真夏日を記録した。3日連続の真夏日となった北上市内では、黄色に染まったヒマワリ畑が日差しに輝き、暑さを一層際立たせた。

 盛岡地方気象台によると、高気圧が日本付近を覆った影響で同日の県内は晴れや曇りの天気となり、最高気温は花巻で31・0度、北上で30・9度、奥州市胆沢若柳で30・7度と軒並み真夏日となり、暑さの厳しい一日となった。

 北上市二子町の障害福祉サービス事業所・とばせ園では、施設に隣接する畑32アールに肥料用と観賞目的を合わせて今年初めてヒマワリを種まきし、2か月ほどたった7月上旬から咲き始めた。18日以降8日目の真夏日となった26日は、夏空から照り付けるぎらぎらとした日差しを受け、無数の黄色い花びらが輝きを増す光景が見られた。

 施設では、予想以上にきれいに咲きそろったため市内の産直などへ切り花として出荷。髙橋守園長は「見事さにびっくりしたが、あまりの暑さでしおれている物も出てきた」と猛暑の影響を感じ取っていた。8月には当初の目的通り肥料として畑にすき込む予定。

 同気象台によると、27日も県内は高気圧に覆われて晴れるため、内陸部では気温が上がる見込み。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年2月24日付
北上・西和賀
2019年2月24日付
北上・西和賀
2019年2月24日付
北上・西和賀
2019年2月24日付
北上・西和賀
2019年2月24日付