県内外

釜石、一戸に避難指示 大雨の影響 県北部で床下浸水【岩手】

 前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、県内は15日から16日にかけて断続的な大雨に見舞われた。県のまとめによると、釜石市と一戸町の一部で、計46世帯104人を対象に避難指示が発令され、約100人が一時避難した。盛岡地方気象台によると、16日の24時間降水量の最大値は洋野町で151・5ミリ、軽米町で132・0ミリ、奥州市江刺米里で131・0ミリなど。いずれも8月の観測史上最大を記録した。

 県は15日午後3時7分、久慈市に洪水警報が発表されたことに伴い、災害警戒本部を設置した。16日午後3時現在で県がまとめたところによると、釜石市の6世帯22人、一戸町の40世帯82人に避難指示が発令された。人的被害は確認されていない。

 二戸、八幡平、洋野の3市町の住家など計8棟で床下浸水が発生したほか、一戸町でタクシー1台が水没した。道路関係では、倒木や冠水により奥州市江刺の県道など計7カ所で通行止めの措置が取られた。

 JR盛岡支社によると、16日午後5時30分現在、東北線をはじめ、釜石、山田、北上、八戸、花輪、大船渡の各線の上下61本で運休(区間運休含む)となったほか、釜石線の上下各1本に最大78分の遅れが生じた。

 同気象台によると、17日は低気圧や寒気の影響により、曇りや晴れとなる見込み。

花輪線 上下6本きょう運休措置 JR盛岡支社

 JR盛岡支社は16日、同日の大雨の影響を考慮し、17日の運転計画を発表。午前5時6分ごろから午後0時15分ごろまで、花輪線の上下6本で運休の措置を取る方針。天候次第では計画を変更する場合もあるため、今後の提供情報に注意するよう呼び掛けている。

舟っこ流し あすに延期 盛岡

 盛岡舟っこ流し協賛会は16日、大雨による北上川の増水に伴い、盛岡市内で同日予定していた送り盆行事「盛岡舟っこ流し」を18日に延期すると発表した。

 行事では北上川に架かる明治橋右岸で午後5時30分ごろから13団体が13そうの舟を流し、火を放つ。花火大会も行われる。18日も大雨となった場合、19日の同時刻に再順延する。詳細は同行事の公式サイトなどで発信している。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月26日付
県内外
2021年9月26日付
県内外
2021年9月26日付
県内外
2021年9月26日付