県内外

仙台空港⇔花巻温泉 「平泉」走る フルラッピングバスがお目見え

道の駅平泉のバス停を出発する岩手県北バスの平泉フルラッピングバス。平泉の走る広告塔としての効果が期待される

 平泉町と宮城県の日本三景松島などをガイド付きで結ぶ仙台空港-花巻温泉間の直行バス「仙台空港・松島・平泉・花巻線」に、平泉が全面にデザインされたフルラッピングバスがお目見えした。23日にはフルラッピングバスの運行を記念するツアーが行われ、町内からの参加者が松島での観光を楽しんだ。

 同路線は、花巻温泉から花巻空港、中尊寺(平泉レストハウス前)、道の駅平泉、平泉駅前を経由し、松島海岸、うみの杜(もり)水族館前などを経て仙台空港を結ぶ。フルラッピングバスは同町が仙台空港を活用した誘客促進事業として、運行する岩手県北バスと実施。7月のダイヤ改正で花巻温泉まで延伸されたのに合わせて運行が始まった。

 黄金文化を思わせる金色を主体とした色合いの側面に「HIRAIZUMI」の文字を配したデザインで、後部には運転席側に毛越寺浄土庭園、反対側には中尊寺金色堂の写真が使われている。

 運行記念ツアーは、町が町民を対象とした利用促進の一環で企画したもので、松島では地元松島町の担当職員から歓迎を受けた。友人と参加した千葉祝子さん(69)=平泉町長島字砂子沢=は「値段も安く、目的地まで直行で行けるのが便利」と語った。

 運賃は平泉-松島が大人片道2000円、仙台空港まで同2500円。問い合わせは、同社仙台宮城営業所=022(259)8151=へ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月26日付
県内外
2021年9月26日付
県内外
2021年9月26日付
県内外
2021年9月26日付