花巻

高山植物 食害から守れ 早池峰・河原の坊登山道沿い 防鹿柵を設置【花巻】

河原の坊登山道沿いに防鹿柵を設置する参加者

 早池峰地域の高山植物をニホンジカによる食害から守ろうと、県は27日、花巻市大迫町の早池峰山の河原の坊登山道沿いに防鹿柵を設置した。

 早池峰地域保全対策事業推進協議会早池峰地域シカ対策部会を構成する関係機関の担当者や自然公園保護管理員、県グリーンボランティアら22人が参加し、河原の坊登山口から山に入った。

 設置したのは登山口からそれぞれ15分、30分、45分ほどの3カ所で、高山植物や食痕などが確認される地帯。支柱や立木を利用し、シカが入れないように高山植物の周囲約15~50メートルをステンレス入りネットで囲った。防鹿柵は降雪前の10月下旬に撤去し、来春再び設置する予定。効果を検証し、今後の設置箇所を検討するなど対策を進める。

 東北森林管理局が2017年度に実施した早池峰山周辺地域のニホンジカ生息状況の調査によると、1平方キロ当たりの平均生息密度は11年度の前回調査に比べて5・5倍となる8・2頭と大幅に増加し、高山植物の希少種の食害も確認された。

 佐藤高久県自然保護課自然公園担当課長は「先進地視察した南アルプスでは同様の取り組みで植生が回復しており、効果に期待している。関係機関が連携して対策を進めたい」と話していた。

momottoメモ

◆早池峰山 河原の坊登山道 閉鎖続く 崩落の可能性高く
◆名峰の風いっぱいに 「山の日」で早池峰登山・小田越コース
◆山歩録⑪雲霧満ちる早池峰山
◆山歩録⑪季節の草花
 ハヤチネウスユキソウやナンブトラノオなどの固有種が生育する早池峰山は、花の名山としても知られています。強風に耐えてかれんに咲く草花を小田越コースで撮影しました。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年9月20日付
花巻
2021年9月20日付
花巻
2021年9月19日付
花巻
2021年9月18日付