北上・西和賀

木工で巣箱作り 秋の緑化まつり【北上】

秋の緑化まつりで木工体験を楽しむ親子

 北上市稲瀬町の市憩いの森で14日、「秋の緑化まつり」が開かれ、緑化木の無料配布や木工体験などに多くの来場者が繰り出した。

 市や市森林組合、県などで構成する県緑化推進委員会北上支部が主催する毎年春と秋の恒例行事で、25回目。緑化木無料配布ではブルーベリーやクリスマスローズ、イチジクなどの苗木を求め、午前、午後ともに1時間以上前から列をつくっていた。

 無料木工体験も人気を集め、親子連れをはじめ幅広い世代が参加。巣箱やラック、本棚の組み立て、くぎ打ちなどに精を出していた。母親と祖母と一緒に来場した増田吏桜ちゃん(ときわだい保育園年中組)と優月ちゃん(同年長組)は「難しかったけどうまくできた。家で使いたい」と笑みを浮かべた。

 芋の子汁の無料配布や堆肥の量り売り、産直や林産物などの販売コーナーもにぎわいを見せた。

 同支部副支部長で市森林組合の三浦啓一組合長は「産直や多くの方に協力いただき、天候にも恵まれ出足も好調だった。森林の恵み、木材利用について知ってもらういい機会になったのでは」と成果を語った。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付