県内外

春高バレー県予選 修紅2年ぶりV

2年ぶり12度目の優勝を飾った男子の一関修紅=盛岡タカヤアリーナ

 第71回全日本バレーボール高校選手権大会(春の高校バレー)県予選会(県教委、県バレーボール協会など主催)は最終日の5日、盛岡市の盛岡タカヤアリーナで男女の決勝が行われ、男子は一関修紅が盛岡南を3―1で下して2年ぶり12度目、女子は盛岡誠桜が盛岡市立を3―0のストレートで退けて5年連続24度目の全国大会出場を決めた。

 男子の一関修紅は第1セットを落としたが、以降は佐藤和人、横欠旭飛主将(ともに3年)を中心に得点を積み上げ、第2セットを奪った。第3セットをジュースの末に28-26で制して流れを呼び込むと、第4セットは多彩な攻撃で翻弄(ほんろう)し、追いすがる盛岡南を振り切った。

 女子は盛岡誠桜が速さとパワーを生かした攻撃で終始試合を優位に進め、盛岡市立に反撃を許さなかった。

 男女の優勝校は2019年1月5日から東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催される全国大会に出場する。

momottoメモ

[9面に関連]

修紅が「春高切符」 盛岡南破り12度目の頂点
 地力の差見せ王座奪還 佐藤和躍動 要所で決める

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月20日付
県内外
2018年11月20日付
県内外
2018年11月20日付
県内外
2018年11月20日付
県内外
2018年11月20日付