一関・平泉

春高バレー組み合わせ 修紅は開智(和歌山)と初戦

 2019年1月5日から東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催される第71回全日本バレーボール高校選手権大会(春の高校バレー)の組み合わせが2日、決まった。本県男子代表で2年ぶり12度目出場の一関修紅は、初日の1回戦で開智(和歌山)と対戦する。

 開智は24年連続24度目出場。17年の全国高校総合体育大会(インターハイ)では準優勝を果たし、同年の春の高校バレーでは8強入りしている。

 一関修紅の高橋昇禎監督は「相手も粘り強さがあるチーム。残り1カ月で準備し、県大会の決勝のように受け身になるのではなく、最初から攻めていきたい」と語った。

 大会は男女各52チームが出場し、1月13日までの日程で熱戦を繰り広げる。5年連続24度目の出場となる本県女子代表の盛岡誠桜は初日の1回戦で、2年連続2度目出場の岩美(鳥取)と対戦する。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年12月13日付
一関・平泉
2018年12月13日付
一関・平泉
2018年12月13日付
一関・平泉
2018年12月13日付
一関・平泉
2018年12月13日付