県内外

アートフェスタ開幕・県立美術館 100人超の作品一堂に【岩手】

県立美術館で始まったアートフェスタいわて2018

 県立美術館の企画展「アートフェスタいわて2018―岩手芸術祭受賞作品・推薦作家展+県美術選奨受賞者作品展―」(同館、岩手芸術祭実行委、県文化振興事業団主催)は1日、盛岡市本宮の同館で開幕した。多彩な作風や技法の秀作に来場者が関心を寄せている。24日まで。

 アートフェスタは、プロ、アマ問わず日ごろから制作活動を行う県人作家の作品が一堂に会する展覧会。

 16回目を数える今展覧会では、昨秋開催の第71回岩手芸術祭美術展3賞(芸術祭賞、優秀賞、奨励賞)の受賞作品をはじめ、日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書道、写真、デザイン、現代美術、水墨画の10部門から推薦された美術家の作品を併せた100点、16年度県美術選奨を受賞した美術家5人が手掛けた17点の新作や近作を展示している。

 ベテランから若手まで出品者の年齢層は幅広く、一人の作家が洋画、版画、現代美術などと多様なジャンルの技法を取り入れて創作活動をしているのが特徴。色鮮やかでインパクトのある表現や、メッセージ性の強い作品も見受けられる。

 初日は、作家や関係者が出席してオープニングセレモニーが行われ、ギターと声楽のコラボレーションが開幕に花を添えた。同館の藁谷収館長は「100人の作家活動、表現の情熱の強さが感じられる展覧会。鑑賞を通して創作の喜びを感じ取ってほしい」と話した。

 期間中は分野別ギャラリートークとして、2日に水墨画と書道、3日に写真と現代美術、デザイン、9日に日本画と工芸、彫刻、16日に版画と洋画の作品解説会を開催する。17日には県美術選奨受賞作家によるアーティストトークも開かれる。

 開館時間は午前9時30分~午後6時(月曜休館)。入場料は一般500円、高校・学生350円、小中学生200円。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年9月16日付
県内外
2019年9月16日付
県内外
2019年9月16日付
県内外
2019年9月16日付
県内外
2019年9月16日付