県内外

三鉄リアス線開通記念ラベル瓶 きょう発売 アサヒビール

アサヒビールが5日に県内限定で発売する三陸鉄道リアス線一貫運行記念ラベル

 アサヒビール(東京都)は、アサヒスーパードライ「三陸鉄道リアス線一貫運行記念ラベル」(中瓶、500ミリリットル)を5日に県内全域で限定発売する。

 東日本大震災で被災して不通になっていたJR山田線宮古―釜石間(55・4キロ)が復旧して三陸鉄道に経営移管され、総延長163キロのリアス線として23日に全線開通することを記念して企画した。

 ラベルはスーパードライのロゴマークの下に三陸鉄道のロゴマークと「三陸鉄道リアス線 一貫運行記念」の文字、列車が三陸沿岸を走るイラストをデザインした。

 同社福島工場(福島県本宮市)で製造し、4月末までの予定で4万本を目標に販売する。

 同社は「記念ラベルが話題を呼び、地元だけでなく岩手県を訪れる多くの人々に愛され、地域の盛り上げに貢献したい」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年5月26日付
県内外
2019年5月26日付
県内外
2019年5月26日付
県内外
2019年5月26日付
県内外
2019年5月26日付