一関・平泉

春らんまん 花と泉の公園ベゴニア館 26日まで入館料割引【一関】

通常営業を始めた花と泉の公園のベゴニア館

 一関市花泉町老松の花と泉の公園内にあるベゴニア館は、今季の通常営業を始めた。26日までは割引料金で入館でき、色とりどりの花がずらりと並んだ温室で春らんまんの雰囲気を楽しめる。

 同館は東北初の大型ベゴニア観賞温室で、200種、2000鉢のベゴニアが観賞できる。今シーズンは1日に営業を開始した。

 現在はベゴニアのほか、カランコエ、ニューギニアインパチェンス、ゼラニウムなどが咲きそろい、来館者は携帯電話で写真を撮ったり、顔を近づけて香りを嗅いだりしながら花をめでていた。

 同園の南浦邦正さんは「小ぶりの花が多いが、これからもっと暖かくなったら、さらに大きな品種を順次飾っていく」と話している。

 営業時間は午前9時から午後5時(最終入場4時30分)まで。通常入館料は小中学生400円、大人800円だが、26日までは小中学生250円、大人500円で入館できる。

 問い合わせは花と泉の公園=0191(82)4066=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付