一関・平泉

一関 ソメイヨシノ咲く 昨年より9日遅く

開花した一関市役所本庁舎前のソメイヨシノ=13日午後1時40分

 一関市は13日、市役所本庁舎前のソメイヨシノが咲いたことを受け、桜の開花を宣言した。4月に入ってから雪が降るなど天気が安定しなかったこともあり、最も早かった2018年より9日遅い開花となった。

 市では、釣山気象通報所の廃止に伴い1984年から独自に観測。東北市長会総会開催を記念して83年10月に市役所本庁舎前に植えられたソメイヨシノを基準木(高さ約6メートル、樹齢35年)とし、毎年5輪咲いた時点で開花宣言を行っている。

 同日は午前9時に市観光物産課職員が5輪咲いているのを確認し、今年の開花を宣言した。午後には10輪以上が花開き、業務のため出勤していた市子育て支援課の菊池恵さん(28)と村上智美さん(23)も咲いたばかりの桜を眺めながら春本番を感じていた。

 市観光物産課の藤倉忠光課長は「平成から令和に変わっても、基準木のソメイヨシノは変わらずにいい花を咲かせ続けてほしい」と話していた。

 市内では釣山公園や厳美渓、一関遊水地記念緑地公園、一関運動公園、蟻塚公園、館山公園、石蔵山などが桜の主な見どころとして知られており、市観光ホームページ「いち旅!」で開花情報を確認できる。

 盛岡地方気象台によると、同日の日中の最高気温は一関15・3度、千厩14・2度まで上がり、穏やかな一日となった。向こう1週間は、初めごろは雨が降るものの、曇りの日が多い見込み。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年4月25日付
一関・平泉
2019年4月25日付
一関・平泉
2019年4月25日付
一関・平泉
2019年4月25日付
一関・平泉
2019年4月25日付