一関・平泉

湯ったり癒やされ 須川高原温泉開業【一関】

今季の営業を開始した須川高原温泉で、大浴場の外湯に漬かる人たち

 大型連休後半に入った3日、一関市厳美町の須川高原温泉と観光ブルーベリー園「愛菜ファームブルーベリーハウス」は市内外からの大勢の観光客らでにぎわった。好天の下、家族連れらが豊かな自然の中で入浴や食を楽しむ姿が見られた。

連休後半 厳美に活気

 栗駒山(1626メートル)の8合目に位置する須川高原温泉(稲垣榮代表取締役会長)は、大浴場の日帰り入浴と、旅館部の宿泊受け入れを始めた。冬季休業中に例年以上の雪害を受けたため、名物の大露天風呂など施設のほとんどが現在も修繕中の状態。それでも須川ならではの湯を求める声に何とか応えようと急ピッチで準備を進め、大型連休中の一部再開にこぎつけた。

 同日は午前9時の開業から客足が途切れず、大浴場の湯を浴びてくつろいだり、周辺を散策する人たちの姿が見られた。フロントでは従業員が料金支払いや問い合わせなどの対応に追われた。

 宮城県栗原市花山でキャンプの仕事をしている岡村泰斗さん(49)=茨城県つくば市=は「(須川高原温泉に)30年ぐらい毎年来ている。お湯が強酸性で良い。これからも熱い湯であり続けてほしい」と魅力を語り、大浴場に向かっていた。

 同温泉フロント担当の山科孝子さんは「毎日のように『いつ開くのか』との問い合わせが寄せられた。何十年も通われている常連客が多い。今年も春から秋まで半年間の営業となるが、たくさんのお客様に来ていただきたい」と話している。

 今後は5月中旬からの本格営業を目指し、大浴場以外の風呂場や自炊部の修繕・整備が進められる。日帰り入浴は無休(大浴場の利用時間は午前9時~午後4時)、宿泊は毎週水曜休業(紅葉シーズンの10月2、9日は臨時営業)。問い合わせは同温泉=0191(23)9337=へ。

momottoメモ

▲爽やかな味求め 観光ブルーベリー園

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年8月20日付
一関・平泉
2019年8月20日付
一関・平泉
2019年8月20日付
一関・平泉
2019年8月20日付
一関・平泉
2019年8月20日付