一関・平泉

外国文化、習慣体験 7~8、11月 英語の森キャンプ 一関、平泉 小中学生各70人対象

今年度も小学6年生と中学2年生を対象に開く英語の森キャンプ=2018年11月23日

 一関、平泉両市町や両市町教委などが共催する2019年度英語の森キャンプは、7~8月に中学生2年生、11月に小学6年生を対象に実施される。英会話での生活や外国文化の体験などで英語や英語圏に対する関心を高める取り組み。今年度も小中学生各70人程度の参加を見込んでいる。

 英語の森キャンプは、次世代の大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の誘致実現に向けた取り組みの一環。英語による生活、外国の文化、習慣などを知る学習を通じて英語力や国際感覚などを身に付けてもらおうと、14年度から行っている。

 当初は市内の中学2年生のみを対象にしていたが、18年度は取り組みを拡大し、平泉町の生徒も参加して8月に実施したほか、11月には両市町の小学6年生を対象にした英語の森キャンプを初開催した。中学生対象は2泊3日の日程で平泉中と市内17校の生徒66人が参加し、小学生対象は1泊2日の日程で21人が参加した。

 昨年度初めて実施した小学生対象のキャンプでは、外国語指導助手(ALT)が講師となり、子供たちがオールイングリッシュによる共同生活に挑戦。ゲームや音楽、ダンスなどで交流しながら英語に親しんだ。

 今年度は中学生対象が7月30日から8月1日まで、小学生対象が11月16、17日を計画している。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年6月26日付
一関・平泉
2019年6月26日付
一関・平泉
2019年6月26日付
一関・平泉
2019年6月26日付
一関・平泉
2019年6月26日付