一関・平泉

ポイ捨てなくしたい 海ごみゼロウィーク 市職員が奉仕活動【一関】

海ごみゼロウィークのごみ袋でごみを回収する参加者

 一関市職員によるボランティア活動「きれいなまちをめざし隊」は29日、同市藤沢町で始まった。海ごみゼロウィーク(30日~6月8日)に合わせた取り組みで、オリジナルごみ袋を使って各地のごみを拾い集める。

 活動は「市ポイ捨てのないきれいなまちづくり条例」の施行に合わせ、趣旨の周知を目指し2007年から毎年行われている。

 市役所藤沢支所前で行われた出発式には、市職員ら30人が出席。佐川勝弘支所次長が「皆さんの心温まる参加に感謝する。車などに十分注意して活動してほしい」とあいさつし、グループに分かれて沿道のごみを回収した。

 今回は29、31日、6月5日の3日間、市内の8地域ごとに実施する。一関地域と千厩地域は県南広域振興局、大東地域は県立大東病院と合同で活動する。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付