県内外

スポーツ界 功績に光 県体協表彰 2団体18人【岩手】

達増知事(右)から表彰状を受け取る受賞者

 県体育協会の表彰式は17日、盛岡市内で開かれ、国民体育大会冬季大会など2018年10月16日から翌年3月31日に開催された全国大会や国際競技会に出場し、優秀な成績を収めた選手や指導者ら2団体、18人をたたえた。

 達増拓也知事は1人1人に表彰状を手渡し、「皆さんの活躍は誇りであり喜び。今後とも岩手のスポーツ界をリードし、さらなる大舞台での活躍を」と期待した。

 表彰式には代理を含む2団体、10人の受賞者が出席。昨年11月に鳥取県倉吉市で開かれたクライミングアジア選手権女子ボルダリングで優勝した伊藤ふたば選手(盛岡中央高校2年)は「賞を頂いてうれしいし、これからも頑張りたい。(目標の五輪出場に向け)今年は重要な大会がたくさんある。3種目のトレーニングをしっかりしていきたい」と話していた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年10月14日付
県内外
2019年10月14日付
県内外
2019年10月14日付
県内外
2019年10月14日付
県内外
2019年10月14日付