奥州・金ケ崎

トヨタ東社員寮 新設 東北地方生産集約に伴い【金ケ崎】

金ケ崎町に建設される新設寮(外観パース)

 トヨタホーム(後藤裕司社長、本社・名古屋市)は、トヨタ自動車東日本(白根武史社長、本社・宮城県大衡村)の社員に向けた新設寮を金ケ崎町西根北荒巻地内に建設する。トヨタ自動車東日本では、同町西根の岩手工場の寮としてアミティ金ケ崎(448室)があるが、ほぼ満室となっている上、閉鎖予定の東富士工場(静岡県裾野市)から東北地方に生産集約を進めていることに伴い住居不足となっている。新設寮は既存寮の隣接町有地に建設され、236室を備える。完成は2020年9月末を予定し、準備が整い次第入居を進める考えだ。

 トヨタ自動車東日本は18年7月に20年末までに東富士工場の生産を東北に集約して閉鎖し、従業員約1100人の東北への異動を決めている。これに伴って今年1、5月に計120人が岩手工場へ異動してきている。また自社で25年前に整備したアミティ金ケ崎もほぼ満室の状態で、従業員200人ほどに住宅不足が生じているという。

 この状況を受け、トヨタホームが同町から土地9820・56平方メートルを借り、鉄筋コンクリート造り5階建て2棟の新設寮を建設する。延べ床面積は7451・64平方メートルで、1Kの部屋で単身者、独身者、出張者向けの寮としてトヨタ自動車東日本がトヨタホームから借りる。

▲新設寮新築工事地鎮祭でくわ入れを行うトヨタホームの島川取締役

 26日、トヨタホームの島川誠一郎取締役、設計・施工に当たるトヨタT&S建設の小山裕康社長、トヨタ自動車東日本の中出裕之渉外・広報部長、髙橋由一町長ら関係者が参列し、現地で地鎮祭が行われ、くわ入れや玉串奉奠(ほうてん)などを行って工事の無事を祈った。

 中出部長は「寮周辺はJR六原駅やスーパーなどインフラも整備されており、新設寮の整備についても理解していただいており、ありがたい」と感謝している。髙橋町長は「町に定住するきっかけとなることに期待している」と歓迎している。

 今後は、アミティ金ケ崎北側の町有地を借りて入居者用の駐車場を整備するという。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年9月18日付
奥州・金ケ崎
2019年9月18日付
奥州・金ケ崎
2019年9月18日付
奥州・金ケ崎
2019年9月18日付
奥州・金ケ崎
2019年9月18日付