県内外

県産ブルーベリーエキス使用 「い・ろ・は・す」 東北限定、来月7日発売【岩手】

県産ブルーベリーのエキスを使用した「い・ろ・は・す ブルーベリー」をPRする谷村社長
県庁でPR みちのくコカ・コーラ

 コカ・コーラシステムは、天然水ブランドのミネラルウオーター「い・ろ・は・す」の新商品として、10月7日に県産ブルーベリーのエキスを使用した「い・ろ・は・す ブルーベリー」を発売する。東北6県限定で売り出し、県と協働で県産果実の魅力をPRしていく。

 「い・ろ・は・す」のくだものフレーバーウオーターシリーズとして新たに開発。県産ブルーベリーから抽出したエキスを花巻市で採水した天然水と合わせ、爽やかですっきりとした甘さに仕上げた。キャップ部分に掛ける「ネックリンガー」には、県の県産果実の認知度向上事業で使用される「いわて果実」のロゴマークをあしらった。

 発売に先立ち、みちのくコカ・コーラボトリング(本社矢巾町)の谷村広和代表取締役社長ら3人が24日、県庁の達増拓也知事を表敬訪問し、新商品をPR。試飲した達増知事は「県産の水とブルーベリーで非常に良い物ができた。どんどん飲みたくなる味。県産果実の魅力を広く知っていただく機会にもなる」と評価した。

 1本555ミリリットルで130円(税抜き)。谷村社長は「飲むと口いっぱいにブルーベリーの香りが広がる。朝起きた時や休憩時間、寝る前など、いろんな場面でリラックスしたい時に味わってほしい」と語っていた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月19日付