一関・平泉

鶴瓶の家族に乾杯 川崎ロケへ熱烈アピール 番組に住民寄せ書き まちづくり協議会【一関】

NHK総合テレビの番組「鶴瓶の家族に乾杯」のロケを一関市川崎町に誘致しようと、川崎まちづくり協議会がまとめた住民の直筆メッセージ

 一関市川崎町の川崎まちづくり協議会(金野健男議長)は、NHK総合テレビで放送されている紀行・バラエティー番組「鶴瓶の家族に乾杯」のロケを同町に誘致しようと、住民らが紙片に書いた笑福亭鶴瓶さんへのメッセージを模造紙3枚に貼り、大きな寄せ書きのようにした。誘致の取り組みに参加することで、町の魅力を再発見してもらおうという試み。番組宛てに近く郵送する。

 番組は毎週月曜日に放送され、司会の鶴瓶さんとゲストが日本中のすてきな家族を訪ね、ぶっつけ本番で旅している。この誘致のため同協議会は11月2、3の両日に川崎市民センターで開かれた「川崎文化祭」(市など主催)に紙片やペンを並べた専用コーナーを開設し、来場者に直筆メッセージを求めた。

 これに子供からお年寄りまで幅広い年齢層が応じ「いつも(番組を)見ています」「川崎町に来ないという選択肢はないやろう」「小中学校に来てください」「つるべLOVE」「門崎めだか米を食べに来て」「川崎町は自然がいっぱい」などと熱烈なメッセージを寄せた。

 さらに同協議会では直筆メッセージの紙片を模造紙3枚に寄せ書きのように貼り、11月30日に同センターで開かれた「かわさき健康福祉まつり」(実行委主催)で披露するとともに、番組宛てに郵送することを告知。5日まで同センターに掲示した。

 このうち2枚は鶴瓶さんの似顔絵と、ご当地キャラクター「水色ウサキ」のイラスト入り。「我こそは笑福亭鶴瓶」と銘打ち、中高年男性ら“そっくりさん”の顔写真も多数貼った。

 メッセージのほかに案内文なども加え、東北有数の規模を誇るかわさき夏まつり「おらが自慢のでっかい花火」や町の一大イベント「北上川流域交流Eボート大会」、郷土料理「カニばっと」、首長恐竜にも例えられる優美なアーチ橋「北上大橋」などをアピールした。

 同協議会事務局では「メッセージを書いてもらうことで、子供から大人まで幅広い世代の住民に『川崎町はいい所だ』と再認識してもらうことができた。番組の誘致も、ぜひ実現させたい」としている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年4月10日付
一関・平泉
2020年4月10日付
一関・平泉
2020年4月10日付
一関・平泉
2020年4月10日付
一関・平泉
2020年4月10日付