北上・西和賀

郷土芸能 堂々と 岩崎鬼剣舞スポ少 舞初め【北上】

舞初めを行って今年の活動をスタートさせた岩崎鬼剣舞スポ少

 北上市の岩崎鬼剣舞スポーツ少年団の舞初めが13日、同市和賀町のいわさき小学校で行われた。関係者が見守る中、所属する児童生徒が地域に伝わる舞を披露し、今年の活動を元気いっぱいにスタートさせた。

 同スポ少は子供たちの健全育成、郷土芸能伝承の心を育むことを目的に1969年に結成。昨年、発足50周年の節目を迎えた。現在は市内の小中学生ら58人が岩崎鬼剣舞保存会のメンバーから指導を受け、地元行事や北上・みちのく芸能まつりへの出演など、年間15ほどの公演を行っている。

 舞初めでは誓いの言葉を斉唱後に小学生が「一番庭」など、衣装を身にまとった中学生は組踊りを披露。招待された県立北上翔南高校鬼剣舞部の生徒たちも模範演技を見せた。将来の芸能を背負って立つ子供たちに、駆け付けた保護者や継承団体関係者からは温かい拍手が送られた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付