一関・平泉

警察官かたる詐欺予兆電話 一関市内で相次ぐ

岩手県警一関署=一関市山目三反田

 一関署は15日、一関市内で詐欺の予兆電話が7件(午後4時15分現在)あったと発表した。管内では3月に市内の70代女性が約120万円をだまし取られる特殊詐欺が発生しており、同署は「キャッシュカード、通帳、リストなどの話が出たら詐欺を疑い、すぐに電話を切り警察署に通報してほしい」と呼び掛けている。

 同署によると、警察官を名乗る男から「詐欺グループを捕まえたところ、押収した資料の中にあなたの名前があった。あなた名義の預金通帳番号とカード番号が流失している」「通帳は手元にあるか、被害はないか。警察署には行けるか」などという電話があったという。いずれも被害は確認されなかった。

 同署では、電話の内容が似ていることから同一のグループによる犯行の可能性があるとした上で、対策として「普段から留守番電話を活用し相手を確認してから電話に出てほしい。警察に行くよう指示するケースもあり、その場合は電話相手の家に空き巣に入ろうとしている可能性もある。普段から施錠を徹底してほしい」などと注意喚起している。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年6月5日付
一関・平泉
2020年6月5日付
一関・平泉
2020年6月5日付
一関・平泉
2020年6月5日付
一関・平泉
2020年6月5日付