一関・平泉

予防策の周知に 一関のデザイナー 佐々木太陽さん イラスト作成、データ提供

新型コロナ感染防止の取り組みを伝えるイラスト

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、一関市弥栄のデザイナー佐々木太陽さん(20)は、感染防止に有効とされる手洗いやマスク着用などの取り組みを分かりやすく説明するイラストを作成した。学校や職場での注意喚起に役立ててもらおうと、画像データを無料で提供している。

▲デザインのラフを描く佐々木さん

 佐々木さんは同市弥栄出身。幼少時から絵を描くのが好きで、独学でデザインを学んだ。県立一関二高卒業後、フィリピンの大学に進学したもののデザインの仕事一本で勝負したいと半月で退学し、2019年秋に帰国した。

 デザイナーとして活動する中、新型コロナの感染拡大が続く状況に心を痛め、幼児から大人まで幅広い年代の人たちに分かりやすく注意を促す方法はないかと模索。感染予防のための「てをあらおう」「うがいをしよう」「ただしくマスクをつけよう」「きょりをおこう」「かんきしよう」の五つの対策を、単純化した人物のイラストで表した。

 多くの人に活用してもらいたいとの思いから画像データを無料で提供しており、インターネット上のダウンロードページから入手できるほか、佐々木さんにメールを送るとデータを添付したメールが返送される。これまで県内外の学校や介護施設などから10件ほど提供依頼があった。

 佐々木さんは「デザイナーとして出発した矢先、世の中はコロナ禍で大変な状況になった。イラストを掲示していただき感染防止に役立ててもらいたい」と話している。

 ダウンロードページのURLは=https://www.dropbox.com/s/dt2yd254wv4cwke/tearai.pdf=、メールアドレスは=sasaki.taiyo1258@gmail.com=。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年6月3日付
一関・平泉
2020年6月3日付
一関・平泉
2020年6月3日付
一関・平泉
2020年6月3日付
一関・平泉
2020年6月3日付