県内外

自宅で“ぺっこ”トレーニング 県が29日から動画配信 新型コロナ 運動不足解消【岩手】

自宅でできるストレッチを体験する達増知事(中央奥)ら。動画は29日からネットで公開する

 県は14日、新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛ムードが続く中、自宅で気軽に取り組める運動をテーマにした動画「レッツ!ぺっこトレ!!」の作成を始めた。リフレッシュやパワーアップなどの目的別に、県職員らがオリジナルのトレーニングを紹介。29日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で毎週配信する。

 動画作成は、県の新型コロナ感染症対策の一環。タイトルは岩手の方言で「少し」という意味の「ぺっこ」を用い、「少しでも運動してみよう」「運動への意識を少し変えよう」というメッセージを込めた。

 内容は、スポーツ医・科学の知見に基づき職員らが考案したトレーニングやストレッチの紹介が中心。疲労を解消する「リフレッシュ」、身体を操る力が高まる子供向けの「挑戦」、競技力向上を目指すアスリート向けの「パワーアップ」の3テーマで作成する。

 14日は第1弾となる動画の撮影が県庁で行われ、県スポーツ振興課の髙屋敷真悟主査スポーツ振興専門員の指導の下、達増拓也知事と、「岩手まるごとおもてなし隊」のマジカル河童ちゃん、サクラ凛さんが椅子に座ったままできるストレッチに挑戦。腕を大きく広げたり、足を開いて上半身をのけぞらせたりしながら体をほぐした。達増知事は「初めて取り組んだが、とても気持ち良かった。これからもやってみたい」と話していた。

 県は29日の第1弾を皮切りに、毎週金曜に1~3分の動画をユーチューブ内の県公式動画チャンネルで配信。期間は新型コロナの終息までとする。今後は国内外で活躍する本県ゆかりのアスリートによるコメントや、トレーニング動画の紹介も検討。同課の山本卓美総括課長は「子供から大人まで取り組めるトレーニングでリフレッシュしながら、運動不足を解消してほしい」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年6月6日付
県内外
2020年6月6日付
県内外
2020年6月6日付
県内外
2020年6月6日付
県内外
2020年6月6日付