北上・西和賀

強固な防災体制構築へ 北上消防署 村崎野分署 落成祝う

テープカットで北上消防署村崎野分署の落成を祝う関係者

 北上地区消防組合(管理者・髙橋敏彦北上市長)の北上消防署村崎野分署落成記念式典は22日、同市村崎野の現地で行われた。北上工業団地立地企業をはじめ、飯豊、二子、更木の北部3地区を管轄。関係者が新たな防災拠点の完成を祝うとともに、強固な消防・防災体制の確立を期した。

 消防関係者や来賓ら約80人が出席。髙橋市長は「北部地区にとって待望の消防・防災拠点ができた。国道4号、工業団地、さらに中部病院からのアクセス、全ての面で素晴らしい場所を提供いただいた。市民の安心・安全を守ってまいる所存だ」と式辞を述べた。

 工事経過報告、関係者への感謝状贈呈、八重樫七郎市議会議長による祝辞に続き、同消防署神楽同好会の祝舞、テープカットで新庁舎の落成を祝い合った。

 村崎野分署は同地区における新たな防災拠点として設置。鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積は948・37平方メートル。分署の規模としては和賀、大堤よりも大きく、本署以外で初めて高所訓練施設を整備した。

 内部には事務室と防災研修スペース、食堂・休憩室、仮眠室、トレーニングルーム、迅速な出動のための動線に配慮した出動準備室などを設けた。最新鋭の消防車両など5台が収容可能な車庫、出動後の衣服などを乾燥させる部屋もある。

 総事業費は6億9670万円。職員は11人体制で、夜間・休日を含め常時3人は配置できるようにする。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年6月3日付
北上・西和賀
2020年6月3日付
北上・西和賀
2020年6月3日付
北上・西和賀
2020年6月3日付
北上・西和賀
2020年6月3日付