一関・平泉

地元を再発見! 夏だより 花盛りの「花の百名山」 栗駒山

正面に栗駒山の頂上が望める名残ヶ原

 岩手・宮城・秋田の3県にまたがる栗駒山(1626m)は「花の百名山」の一つ。多数の高山植物が咲くことから“お花畑”と呼ばれる湿原・名残ヶ原へハイキングに出掛けませんか。(取材協力/須川高原温泉)

“お花畑”名残ヶ原へ のんびりハイキング

 名残ヶ原(1160m)は岩手側の登山ルート「産沼コース」の序盤に位置するビューポイントの一つ。登山口にある須川高原温泉(1126m)から片道約20分という近さなので、「頂上まで行く時間がない」「体力に自信がない」という人も栗駒山の魅力に触れることができます。名残ヶ原〜賽の磧(さいのかわら)を巡る“のんびりハイキング”を紹介します。

 須川高原温泉前をスタートし、もうもうと湯煙が上がる大日岩を見ながら登山道に入ってハイキングがスタート。蒸し風呂(おいらん風呂)の小屋を過ぎると間もなく視界が開け、すがすがしいパノラマが広がる名残ヶ原に到着します。沿道には赤紫色のウラジロヨウラク、ハート形の葉を持つマイヅルソウ、かれんなツマトリソウが咲き、湿地では揺れる綿毛に風情を感じるワタスゲ、フリンジ状の花がかわいいイワカガミ、楚々としたたたずまいのタテヤマリンドウなどの花々が目を楽しませてくれます。

 分岐点に来たら、木道を「賽の磧」方面へ。ここでは緑豊かな光景が一変、剣岳の迫力、溶岩石と緑のコントラストが印象的。岩場をピンク色に染めるイワカガミの群落も見どころです。

 そのまま下山すれば駐車場前に戻り、ハイキングは終了。写真を撮りながらゆっくり歩いて約60〜120分の道のり。最後は登山口や麓に湧く温泉を巡って汗を流し、足腰の疲れを癒やすのがおすすめです。

※開花状況は取材日(2020年6月8日)時点のものです

※ハイキングは体調と安全確保を万全にしてお出掛けください

momottoメモ

\いわにちリビングun特集/
地元を再発見! 夏だより
美しい自然、魅力的な温泉、極上のグルメ。
夏らしい話題をお届けします。

館ケ森高原

北上高地の南端に広がる館ヶ森高原。雄大な自然やこだわりグルメが一層魅力を増しています。

館ケ森アーク牧場 お一人さまでも気軽にBBQをどうぞ!
館ケ森高原ホテル お得な宿泊プランあります
岩手サファリパーク マイカーサファリもOK!

花盛りの「花の百名山」 栗駒山

岩手・宮城・秋田の3県にまたがる栗駒山(1626m)は「花の百名山」の一つ。多数の高山植物が咲くことから“お花畑”と呼ばれる湿原・名残ヶ原へハイキングに出掛けませんか。

“お花畑”名残ヶ原へ のんびりハイキング

周辺温泉ガイド
◆須川高原温泉
◆須川温泉 栗駒山荘
◆祭畤温泉 かみくら

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年11月24日付
一関・平泉
2020年11月24日付
一関・平泉
2020年11月24日付
一関・平泉
2020年11月24日付
一関・平泉
2020年11月24日付