一関・平泉

栗駒山初冠雪 昨年より11日早く

山頂部分が昨年より11日早く雪に覆われた栗駒山=25日午前7時40分ごろ、平泉町長島字太田地内の一関遊水地より撮影

 25日の県内は、西高東低の気圧配置が続き上空に寒気が残った影響で未明の最低気温が一関で7・2度、千厩では5・3度(ともに盛岡地方気象台調べ)まで下がった。岩手、秋田、宮城の3県にまたがる栗駒山(1626メートル)では前夜からの雨が山頂付近で雪に変わり、昨年より11日早く初冠雪が確認された。

 山頂を覆う雪は早朝の平野部からも視認でき、一関市と平泉町にまたがる一関遊水地の周囲堤ではウオーキングを楽しむ市民が足を止め、雲間から姿をのぞかせた白い山肌に近づく冬の訪れを感じ取っていた。

 同気象台によると、26日の県内は寒気の影響により曇りや晴れで、内陸では明け方まで雨の降る所がある見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付
一関・平泉
2020年12月3日付