県内外

新型コロナ/一関の30代女性感染 スナック店名公表 新たに5人【岩手】

 県と盛岡市は24日、新たに一関市の30代飲食店員女性を含む30~70代の男女5人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。重症者はいない。県内の感染累計は348人となった。クラスター(感染者集団)の可能性があることなどから、県は利用者特定に向け女性が勤務していた同市大町のスナック「ステラ」の店名を公表。18~22日の利用者について、一関保健所への連絡を呼び掛けている。

 県によると、感染が判明した飲食店員女性は、22日から発熱やせきなどの症状が確認され、23日のPCR検査でウイルスが検出された。20日は県内に外出し、21、22日は出勤しており、勤務中にマスクを着用していなかったという。県外への行動歴や接触は確認されていない。

 女性の濃厚接触者9人のうち、知人1人を除く職場関係者8人(従業員6人、利用者2人)の3、4人から症状が出ているという。

 県では期間中の同店利用者について約40人を想定。利用者の名簿はなく、連絡が取れているのは24日時点で2人となっている。

 同店に関する相談は、一関保健所=0191(26)1415=で受け付ける。

 このほか、入院中で基礎疾患のある高齢者2人が死亡し、県内の死者は計22人となった。

 クラスターが発生した雫石町の病院関係では、新たに応援職員2人を含む50、60代の看護師ら女性3人の感染が判明し、累計101人となった。盛岡市の70代男性の感染も確認された。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月17日付
県内外
2021年1月17日付
県内外
2021年1月17日付
県内外
2021年1月17日付
県内外
2021年1月17日付