県内外

新型コロナ/高齢者1人死亡 新規感染5人 県内410人【岩手】

 県と盛岡市は8日、新たに新型コロナウイルスで高齢者1人が死亡し、10歳未満~60代の男女5人の感染が確認されたと発表した。いずれも重症ではない。県内の死者累計は25人、患者累計は410人となった。

 死亡したのは、基礎疾患があり入院していた65歳以上の高齢者。重症ではなかったという。

 感染が判明したのは、盛岡市の40代会社員男性、いずれも北上市の40代会社員女性と10歳未満男児、40代無職女性、一関市の60代会社員男性の計5人。

 このうち北上市の会社員女性と男児は、県外から帰省した男性らと会食後に感染が確認された会社員男性の同居家族。同市の無職女性は県外で感染が確認された患者の接触者で、年末年始に県外に滞在していた。

 一関市の男性は、県外の感染拡大地域に外出し会食していた。

 このほか、入院中の重症者1人が回復。県内の重症者は計3人となった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月21日付
県内外
2021年1月21日付
県内外
2021年1月21日付
県内外
2021年1月21日付
県内外
2021年1月21日付