奥州・金ケ崎

寄付・田んぼイルミネーション 来場者の善意【奥州】

奥州市社協の大内常務理事(右)に寄付金を手渡す小野寺代表の孫3人(左から美空さん、洸翔君、陽飛君)

 田んぼイルミネーションプロジェクト(小野寺勇輝代表)は7日、小野寺代表(68)=奥州市胆沢小山=方の田んぼで2020年度実施したイルミネーションで、来場者から集まった善意の1万9893円を市社会福祉協議会に寄付した。

 小野寺代表ら5人が同市水沢の市総合福祉センターを訪問。小野寺代表の孫の美空さん(胆沢中学校1年)、陽飛君(胆沢第一小学校6年)、洸翔君(同4年)の3人から市社協の大内薫常務理事に寄付金が手渡された。

 小野寺代表方でのイルミネーションは11年目で、今年度は20年11月23日~21年1月5日の期間で実施。会場内に来場者用の観覧室を設けているが、来場者が感謝や善意の現金を置いていくようになったことから、14年度から毎年これら全額を市社協に寄付している。

 小野寺代表は「善意で置いていってくれたものを、福祉のために有効に活用してもらえれば」と語った。市社協では社会福祉事業に役立てていくことにしており、大内常務理事は「大事に使わせていただく」と感謝していた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年1月21日付
奥州・金ケ崎
2021年1月21日付
奥州・金ケ崎
2021年1月21日付
奥州・金ケ崎
2021年1月21日付
奥州・金ケ崎
2021年1月20日付