県内外

第38回岩手日日文化賞 きょう贈呈式

 学術研究や芸術文化、伝統工芸などの分野で優れた功績を挙げている個人、団体をたたえる岩手日日新聞社の第38回岩手日日文化賞贈呈式は、26日午前11時から一関市山目のベリーノホテル一関で行われる。

 文化賞の受賞者は、芸術・文化部門が森田珪子さん(87)=奥州市前沢字五十人町=、一関市の一関藤沢市民劇場実行委員会(皆川洋一実行委員長)、地域振興部門が北上市の三橋漁親会(及川文幸会長)。学生賞は畠山想来さん(12)=花巻市立桜台小学校6年=が受賞する。

 森田さんは、高度経済成長を経た社会の大きな変化が地方にも波及したことを背景に、母親世代の生活向上を最初の目標とする「女わざの会」を結成。地域の家庭に残る衣・食・住の手仕事を記録する活動を通じ、電化・機械化以前の生活文化に光を当ててきた。

 一関藤沢市民劇場実行委は、2000年1月の旧藤沢町民劇実行委員会が前身。独自の文化を創造・発信する取り組みとして手づくりの市民劇を上演しており、藤沢出身の人物や地元の歴史を題材にした創作劇で地域文化の掘り起こしに努めている。

 三橋漁親会は、1979年4月に結成し、北上市の二子地区を中心に北上川流域の住民約80人で活動。刺し網漁をはじめ、川の美化清掃や水難救助活動など幅広い活動に取り組んでいる。2018年に設立40周年を迎え、地域づくりに大きく貢献している。

 畠山さんは、19年12月に徳島県鳴門市で開催された第28回全国小学生バドミントン選手権大会女子シングルス5年生以下で優勝。決勝まで全5試合をストレート勝ちし、3年連続3度目の出場で初めて頂点に立った。

 岩手日日文化賞は、岩手県南と宮城県北地域の各分野で活躍する個人、団体を対象に毎年度選出。創設した1983年度から前回までに学生賞を含め87人、94団体が受賞している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年4月20日付
県内外
2021年4月20日付
県内外
2021年4月20日付
県内外
2021年4月20日付