県内外

ブランド発信強化へ 純情産地いわて ロゴ更新 全農県本部

純情産地いわての新ロゴマークが披露され、PRするのんさん

 全農県本部は28日、県産農畜産物の消費拡大などをPRするブランド「純情産地いわて」の新ロゴマークを発表した。2021年度からアンバサダーを務める女優のんさんも「ブランドプロミス」を宣誓。関係者がブランド発信力を強化するとともに、生産者と消費者を結ぶ県産農畜産物のさらなるPRを誓った。

 宣誓式には全農県本部運営委員会の小野寺敬作会長をはじめ、のんさん、達増拓也知事らが出席。小野寺会長は「環境の変化に対応しながら、生産者と消費者を結ぶ懸け橋となるよう純情産地いわてをさらに発展させていきたい」とあいさつした。

 関係者らによる新ロゴマーク序幕に続き、のんさんが「私たちは生産者と共に、その想(おも)いを消費者の食卓へ広げ、岩手の農業を継承し、価値を高め、未来へつなげる。『つなげる』『ひろげる』『根を張る』がJA全農いわての約束」と宣誓した。

 32年ぶりの変更となるロゴマークは、北欧デザインをモチーフに本県を代表するリンドウ、リンゴなどの県産農畜産物を紫と緑の配色とし、若者に受け入れられるよう表現している。

 のんさんが出演するCMは5月から県内で放送される。報道陣の取材に応じたのんさんは「新しいロゴマークがすごくかわいい。たくさんの人に岩手のおいしいものを知ってもらい、岩手を一緒に盛り上げてもらいたい」と期待を込めた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年5月14日付
県内外
2021年5月14日付
県内外
2021年5月14日付
県内外
2021年5月14日付