県内外

新型コロナ/1人死亡、2日で37人感染【岩手】

 県と盛岡市は5日、新たに新型コロナウイルスで入院中の重症患者1人が死亡し、20~90歳以上の男女9人の感染が確認されたと発表した。6日も10~90歳以上の男女28人が感染。いずれも重症者はいない。県内の患者累計は1039人となった。

 死亡したのは、基礎疾患がある65歳以上の高齢者で死者は計33人。入院中の患者1人の症状が悪化し、重症者は計2人となった。

 5日はクラスター(感染者集団)関連で、奥州市の高齢者施設の入所者で80~90歳以上の男女3人が判明した。このほか、患者と接触歴のあるいずれも盛岡市の20代男性2人と50代医師男性、花巻市の50代公務員女性、一関市の40代会社員男性、感染経路不明の盛岡市の40代会社員男性も感染した。

 6日は奥州市の高齢者施設関連で、入所する70~90歳以上の男女18人、職員の60代男女4人、職員の同居家族で同市の20代男性1人が判明。累計68人となり、県内クラスターでは過去2番目の規模となった。

 滝沢市の高齢者施設関連では、職員の40代女性のほか、職員と接触した患者の同居家族で県央保健所管内の80代男性の感染が確認され計39人。

 このほか、患者と接触歴のある花巻市の10代男女2人、県央保健所管内の30代会社員男性の感染も分かった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月23日付
県内外
2021年6月23日付
県内外
2021年6月23日付
県内外
2021年6月23日付