県内外

新型コロナ/新たに20人感染 県内累計1059人【岩手】

 県と盛岡市は7日、新たに10~60代の男女20人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。重症者はいない。県内の患者累計は1059人となった。

 クラスター(感染者集団)関連は、奥州市の高齢者施設で、新たに隣接する高齢者施設職員で同市の20代男性が感染し累計69人となった。両施設は同じ団体が運営しており、一部の職員が会議や打ち合わせなどで往来していた。今後は、入所者と職員計約100人を検査する予定。同市水沢の養護老人ホーム寿水荘は6日までに、入所者43人と職員21人の計64人が感染したと発表した。

 滝沢市の高齢者施設では、いずれも盛岡市で職員の同居家族の80代男性、60代女性職員が判明し計41人となった。

 このほか、クラスターの可能性がある花巻市と中部保健所管内の10代男女6人も判明。一連の感染について接触歴があり、これまでの発表分も含めて計10人ほどが感染しており、県が関連を調べている。

 盛岡市では、20代店員男性、県県土整備部職員の30代女性、20代会社員女性、20代男性、接触歴のない40代会社員男性、60代自営業男性が感染。

 県外(矢巾町滞在)の20代会社員男性、同居家族で花巻市の40代自営業男性と10代男性、県外(大船渡市滞在)の60代自営業女性、陸前高田市の30代会社員男性は、いずれも感染経路不明となっている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月20日付
県内外
2021年6月20日付
県内外
2021年6月20日付
県内外
2021年6月20日付