県内外

花巻東決勝へ 第68回春季高校野球県大会

 第68回春季東北地区高校野球県大会は24日、一関市の一関運動公園野球場で準決勝が行われ、花巻東が久慈を4―3で下し、3大会連続の決勝進出を決めた。初の決勝を目指す花巻南は盛岡大附に4―6で敗れ、3位決定戦に回った。

【社会面に関連】

 花巻東は3―3の同点で迎えた延長十二回、6番佐藤史弥(3年)の中越え適時二塁打で試合を決めた。投げては先発萬谷大輝(2年)から主戦菱川一輝(3年)への継投で、久慈の反撃を封じた。

 花巻南は6点を追う九回、適時打や押し出し四球など、打者一巡の猛攻で4点を返すが、あと一歩及ばなかった。

 25日には同野球場で決勝、3位決定戦を実施。3位決定戦の久慈―花巻南は午前10時、決勝の花巻東―盛岡大附は午後0時40分の試合開始を予定している。

 6月に秋田県で開催予定だった東北大会は、新型コロナウイルス感染が全国的に拡大している状況を踏まえ、中止が決まっている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月24日付
県内外
2021年6月24日付
県内外
2021年6月24日付
県内外
2021年6月24日付