県内外

新型コロナ/新規感染12人【岩手】

 県と盛岡市は2日、新たに10~80代の男女12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。重症者はいない。県内の患者累計は1693人となった。

 患者の内訳は、盛岡市9人、県外1人、奥州市の50代会社役員男性、一関保健所管内の80代女性。盛岡市内の飲食店で、新たなクラスター(感染者集団)が発生した。

 県は5月20日~6月24日公表分の患者33人のうち、29人から変異株「N501Y」が検出されたと発表した。県では、従来株から置き換わったN501Yの検査は今回で終了し、変異株「L452R」の検査のみとする。

奥州市議が感染

 奥州市議会は2日、50代男性議員の新型コロナウイルスの感染が確認されたと公表した。濃厚接触者などと判断された議員6人はPCR検査を実施し、自宅待機しているという。この他の議員、事務局職員らは抗原検査を行い、感染は確認されなかった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年7月30日付
県内外
2021年7月30日付
県内外
2021年7月30日付
県内外
2021年7月30日付